前へ
次へ

茶クマができる原因とケアの方法をチェック

目の下にできるクマといえば青っぽい「青クマ」をイメージする人が多いかもしれませんが、女性の中には「茶クマ」に悩まされている人も少なくありません。
茶クマは文字通り、目の下の皮膚が茶色っぽくなってしまうクマの1つです。
茶クマができる原因の1つとされているのが色素沈着です。
目元はアイシャドウやマスカラ、アイラインなど特にメイクを念入りに行う女性が多いパーツです。
これらのメイク成分がクレンジングでしっかり落とされていないと、色素沈着を引き起こし目の下が茶色っぽくなってしまいます。
また、メイクをきちんと落とそうとするあまり、目元をゴシゴシと擦ってしまうのも茶クマの引き金となります。
この他に紫外線を浴びたことでメラニン色素が沈着した、過剰な目元のマッサージも要因です。
目元専用のリムーバーを使い優しくアイメイクを落とすことが、茶クマを解消するケア方法となります。
色素沈着を引き起こす紫外線対策も行うようにしましょう。

Page Top